ECサイト構築:ASP

ECサイト構築:ASP

ECサイトの構築を企業が考えるときは、商品をネットで販売したい、自社で顧客を囲い込みたいなど、ネットで売り上げを上げたいと思ったときではないでしょうか。そのときのやり方としては、楽天モールやYahoo!ショップのような、モール型の大手ECサイトに出店するか、実際に自前でECサイトを構築し運営するか、どちらかになるかと思います。そしてECサイト構築する際は、既存のECサイト作成システムを作って立ち上げるか、完全オリジナルのECサイトを作るなど、様々な方法が存在します。本サイトでは、ECサイト構築方法について4つに分けて説明します。

ビジネス上の理由でECサイトを構築する際、主に4つの方法があるといわれています。最初がASP、次がオープンソース、さらにパッケージ、最後がフルスクラッチという方法です。

まずASP(Application Service Provider)とは、事業者を対象として業務用のアプリケーションソフトをネットワーク経由にて提供するサービスや、提供をする事業者のことです。ASPは使用するブラウザで利用可能で、PC上にインストールする必要がありません。例えば給与計算や販売管理システムなど様々なものがネット上に出回っています。ASP運営業者自体がサービスを停止すると大変ですが、常に最新状態に保たれている状況なのはメリットです。

ASP(Application Service Provider)とは、業務用アプリケーションソフトを、サービスとしてネットワーク経由で提供すること、またはその事業者のことです。PC上にインストールすることなく、使用できるブラウザで利用可能で、ECサイトに限ったことではなく、給与計算や販売管理などのシステムといった、様々なシステムがWeb上で提供されています。サポートなども手厚いのが特徴です。

関連サイト|ECサイト構築クラウド | MODD |


Comments are closed.